住宅の寿命を延ばす 付加断熱工法

日本の住宅の寿命が短くなった最大の原因は断熱材の施工不良による内部結露だと言われています。

大切な住宅に長く住むためには、強く丈夫な家でなければなりません。
そんな住宅の寿命を縮める最大の原因は「内部結露」だと言われています。

河野木材の健康住宅では標準仕様として、海外のエコ建築にはなくてはならない外断熱材「発砲ポリスチレンフォーム」、エコマーク認定の付いた地球に優しいエコ断熱材「セルロースファイバー」この2つの断熱材を用いたダブル断熱で、内部結露をシャットアウトしています。

さらに、外壁の仕上げとなる塗り壁材に、特殊なセラミックを混入した塗り壁材を使うことで断熱性能と調湿性能プラス遮熱効果を高めた「付加断熱工法」で、一年中快適な空間をご提案しています。

tsukaimasengen_img20140221

付加断熱の組み合わせ

常に建物内部の湿度をコントロール(=調湿)するセルロースファイバー。
建物の中に夏の熱気や、冬の冷気が入る前に建物をまるごと外気から遮断し、建物が外気温から左右されにくく、室内温度がほぼ一定に保たれる外張り「断熱」。
外壁面の太陽熱を反射させ、表面温度の20〜30℃程削減する「遮熱」塗り壁。

この3つの組み合わせで、熱と湿度をコントロールする「付加断熱」となります。

additional-insulation20140221